ワルター・フォン・シェーンコップはこのとき31歳

Tsukasa OISHI

新宿駅とかで突進してくる人が怖いです。ブレーキの壊れたダンプカーでしょうか。子供とかお年寄りとか、問答無用ではじき飛ばしそうです。ぼくもはじき飛ばされそうです。そんなに急がなきゃいけないのか。五分早く出てくればいいのに、といつも思います。次々に電がやってくる山手線で駆け込み乗をする人とか信じられない。五秒で次の電がくるんですよ? 五分早く出てくればいいのにと思います。

最近はいつも夕方の4時くらいにお昼を食べます。この時間にちゃんと食べてしまうと夕ご飯が食べられなくなるので軽くすませるのです。たいていはコアラのマーチ。お腹を空かすのは、早く帰るきっかけにもなります。夕ご飯はかならずお家で食べるし、それが太陽系で一番おいしいのだから当然のことといえます。今日は唐揚げで、めちゃくちゃおいしかった。そう書きなさいとユルさんに言われたような気もしますが、言われなくてもおいしいので書いていたことでしょう。
遅くまで残業してしまうのはお腹が空いていないことも大きな要因のひとつだと思われます。だいたいみんな外にご飯を食べに行ってまた戻ってきて、さらに数時間仕事をする構えなのです。夕ご飯を食べたらもう仕事をしてはいけないというルールを作るだけで、みんなの残業時間はかなり減るのではないかと考えつつ、世界平和を祈る毎日です。

そういえば昨日体重をはかったら53kgくらいでした。服を着ていたので実態はもうすこし低い値であると予測されます。コアラのマーチばかり食べているせいでしょうか。コアラを食べればもう少し体重が増えると思われます。

Large
行きつけの旅館。意味なく写真シリーズです。銀河英雄伝説の登場人物のほとんどが年下になっていることに気づいて身の引き締まる思いです。高校球児が年下になり、サッカー日本代表が年下になり、凶悪犯が年下になったりして、もしかしてぼく以外の全員が若返っているのではないかと勘違いしてしまいそう。勘違いしたりはしませんが、誇張表現を使ってみました。年を取るほどに年下の人間は増えるのでこれはある意味正しいのです。今日は秘密プロジェクトを進めますが、トータルでの進捗はかわらず3万のままです。

微分積分ってなんの役に立つのかわからないと母親がいっていたりしましたが、微分積分はいろいろなことに役立っているメジャーな存在です。それよりも虚数のほうが不思議でしょう。虚数って何に使うのだろうか。と、ここまで書いて思い出したのですが、そういえば交流電流の計算で使いました。高校のとき習ったんだ。しかしなんのために使っていたのかすっかり忘れていますね。位相の計算か何かだった気がしますが。忘却矢のごとし。