雪が降るということだったので今日も早く帰ります。最近、ちゃんと早く帰れていますね。よしよし。こういうちゃんとしたタイムマネージメントができているときが、もっともぼくのパフォーマンスが高くなります。社員が遅くまで残業している状態というのは、仕事が全然うまくまわっていないときなので、経営者は注意するべきでしょう。スケジュールは遅れ気味になるし、できあがるものは中途半端になります。すくなくともぼくはそうです。

ぼくは給料の全部をユルさんに渡しています。父親が、給料日に給料袋を持って帰ってきて(当時は手渡しで現金を受け取っていたんですね。すごい時代です)、それを「ほら、今月の分だ」とどーんと母親に手渡すのがすごくカッコよく見えたものです。ぼくもそうしたいと思ったし、みんなそうしていると思っていました。ところが、まわりの結婚している人の話をきくと、どうもぼくのやり方は少数派みたい。だいたいみなさん、生活に必要な分だけを奥さんに手渡して、残りは自分で着服しているわけです(自分のものだからいいんだけど)。ぼくはお金の管理するのもメンドくさいし、今のカッコいいやり方の方が性に合っているので、特にやり方を変えるつもりはありません。欲しいものがあったときに、奥さんに買ってもらう楽しみがなくなってしまうもの。

そういえば父親の給料の札束は机の上に立ってましたね。それくらい分厚かったのです。何の仕事をしていたんでしょうか(今でも知らない)。出張がやたら多かったですね。両親が離婚してから父親とは一度も会っていません。もう25年間会っていないのです。会っても特に話すことはないので会いたいとも思わないのですが。

ご飯を食べたあとは、録画していたN響アワーを見ます。マーラーの一千人の交響曲。うーん、ぼくはどうも声楽がはいっているものがあまり好きじゃないな。よくも悪くも人の声って前に出てくるんですよね。楽器の音のほうが好き。ちょっと物足りなかったので、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートから、悪魔の踊りを聞きました。すばらしいです。ああ、早く2月にならないものか。何度か書いていますが、東京フィルのコンサートに行くのです。大好きなチャイコフスキーの5番なのです。

秘密プロジェクトは3500ほど進めて1万1000になりました。明日の午前中は雪の予報です。箱根につながっている小田急は止まりそうな予感。止まったら朝は無理に出社せずに家で仕事をしましょう。Node.jsとかHadoopの勉強とか、やりたいことがいろいろあります。Amazon Elastic MapReduceを使ってみようかな。みなさん知らないかもしれませんが、……何と書こうとしていたのか、今忘れてしまいました。