WR250X はじめてのオイル交換

Tsukasa OISHI

Large
WR250Xも走行距離が1000kmを超えてナラシが終わりました。
というわけでオイル交換をします。今まで所有していたバイクは2ストだったので、実はオイル交換を自分でするのははじめてです(ミッションオイルの交換はやったことがありますが)。

用意したもの

上の写真に並べているものを用意しました。

  • ヤマハ(YAMAHA) 二輪用エンジンオイル ヤマルーブ プレミアムシンセティック MA 10W-40 4L
  • エーモン ポイパック(廃油処理箱) 2.5L
  • AZ(エーゼット) オイルジョッキ1L [ポリジョッキ/ポリジョッキー/オイルジョッキ] フタ&こし網付き

オイルですが、ヤマハのバイクなのでヤマルーブ。プレミアムを用意しました。

それから廃油処理箱。WR250Xはフィルター交換時でも1.4リットルしかオイルを入れないので、一番小さい2.5リットルのものを買いました。でも、安いので4.5リットルくらいのものを買ってもいいかもしれません。箱が小さいので結構こぼしてしまいました。うちの駐場のコンクリートがバイク屋さんのガレージみたいにどんどん汚れていきますね。

ジョッキは安い割にフタもついているし、ノズルのところにはゴミが入らないようにこし網もついていてなかなかいいです。メモリも200mlごとについているので便利。

今回はナラシの後のオイル交換なのでフィルターも交換します。交換したのは以下の部品。すべてヤマハの純正パーツです。

  • オイルクリーナー(フィルター)
  • フィルターカバー用Oリング、大小のふたつ
  • ドレインボルト用のガスケット(ワッシャー)

ヤマハは純正パーツ用のアプリを出しています。イラスト付きでパーツを詳細に調べることができるし、型番と価格もわかります。とても便利。
さらに純正部品はwebikeというサイトでオンライン購入できるのです。いい時代になりました。
バイク屋にいってバイク屋のおやじに怒鳴られながらパーツリストめくって注文書を書いていつ届くかわからない届いてもなかなか連絡してくれないことにやきもきする必要もないのです。素晴らしい。

作業前に

Large
Large
作業を開始する前に、はずす予定のボルトにマジックで印をつけておきます。昔からよくある手法ですが、ボルトを戻すときにどこまで締めていいのかをわかるようにするためです。ここらのボルトは締め付けトルクが規定されていて、それを守る必要があります。力いっぱい締めればいいというものでもないのです。
設定したトルクまで力をかけられる、トルクレンチという工具があって、それさえもっていればこんなことをする必要はありません。あと、この技は新でないと使えません。中古だと前のオーナーがどんな締め方をしたのかわからないので、ボルトに印をつけても意味がないのです。

オイルを抜く

Large
まずはエンジンをかけて1, 2分暖気します。エンジンを暖めすぎると火傷すると思うので気をつけましょう。
それからエンジンの底にあるドレインボルトを外します。WRのエンジンの底にあるボルトはドレインボルトだけなのでわかりやすい。12のレンチで緩められます。底から上向きについているボルトなので回す方向に気をつけてください。天を向いて左回りに回します。
うまいことをやると手を汚さずにボルトを外せそうですが、ぼくの場合は右手がオイルまみれになりました。オイルはけっこう黒いです。ナラシをした後なのでなかなか汚れていたみたい。
ときどきバイクをまっすぐ立ててあげてオイルをできるだけたくさん抜いてあげます。
ドレインボルトもウェスなどできれいにしてあげます。マジックの印を消さないように気をつけましょう。

オイルフィルターの交換

Large
三つのボルトで止まっている、オイルフィルターのカバーを外します。こちらは8のレンチで開きます。
Large
カバーを外してオイルフィルターを取り出します。フィルターは真っ黒。カバーに大きなOリングが、エンジン側に小さなOリングがあるので両方とも新品に交換します。さらに新しいフィルターをセットしてカバーをつけます。
ボルトはまず手で回せなくなるところまで回して、最後にレンチで締めてあげます。この最後の段階ではボルトが一回転することはないはず。マジックでつけた印の合うところまで締めて終わりです。
もし一回転以上まわっちゃうというのなら、何かが間違っています。三つのボルトは同じ大きさなので、もともとあったのとは別の穴につけてしまうと当然印は合いません。そのときはどれか他のボルトと入れ替えてみましょう。

ドレインボルトをつける

Large
ドレインボルトのワッシャーは新品にします。パーツリストにはガスケットと書いてあるので、ワッシャーでなくてガスケットなんですね。一度使ったものを再利用するとオイル漏れをするかもしれません。安いので新品にしてあげます。
ちなみに上の写真の片方が古いやつで片方が新品です。ぱっと見は違いがわかりませんね。

Large
あとはドレインボルトを締めるだけです。マジックの印に合うように締めてあげます。オイルフィルターのカバーにつけるボルトよりは締め付けトルクが強いので、さきほどよりも強めに締めることになります。

オイルを入れる

Large
オイルを抜き終わってフィルターの交換も終わったので、後はオイルを入れるだけです。

Large
WR250Xは、フィルター交換時に入れるオイルの量は1.4リットルと指定されていますが、一度に全部は入れません。入れすぎると、オイルを抜いてやり直さなきゃいけないのでちょっとずつ入れていきます。
まずは1リットルだけ入れて確認します。オイルの窓を見てみますが、まだ下限のラインまでは入っていない。エンジンをちょっとかけてオイルをまわしてあげてからまた確認。
ちょっとオイルを足してまた確認。これを繰り返します。

Large
最終的に1.4リットル全部は入りませんでした。1.35くらいかな。もうちょっと入れてもよかったかも。でもまあいいでしょう。
これでオイル交換は完了です。