ヘェ~、ナルホドねぇ~

Tsukasa OISHI

お風呂用スピーカーを持ち込んで湯船につかりながらブラームスの1番を聴いていたら、ユルさんが現れてそっと火のついた燭台を置くと明かりを消して戻っていきました。城の執事でしょうか。彼女は演出家であります。コーラをくださいとお願いしたら持ってきてくれました。王様みたいな生活ではないですか。第4楽章まで全部聴いたので1時間ほど入っていました。

友人の結婚式に制作したいサプライズ映像まとめの動画を見ていました。いろいろあっておもしろい。

アクセスもなくなったので自宅サーバーをシャットダウンしました。こいつの電源を落としたのは何年ぶりかしれません。AmazonEC2を使ってみて思ったことは、まったく普通のLinuxマシンと変わりないということです。ディスクもEBS上で構築されているので、インスタンスを停止させてもデータが消えることもありません。yumでパッケージ管理ができるのでcentOSのようです。ひとつのマイクロインスタンス上に、いままで自宅サーバーで動かしていたのと同じように、ApacheとPassengerとRailsとMySQLとmemcachedを稼働させています。環境構築が完了したときのイメージはスナップショットを取ってあるので、インスタンスを増やすのも簡単ですね。増やすことなんてないでしょうが。DBのデータのバックアップはどうしようかな。定期的にdumpしたものをS3に置いておくのが普通なのかな?

スルー力を発揮するとき、最近大石家では「ヘェ~、ナルホドねぇ~」というのが流行っています。まねっこピーちゃんのまねなのです。まねっこピーちゃんにはいろいろ言葉を覚えさせられるのですが、気合いを入れて覚えさせようとしたときに限って「ヘェ~、ナルホドねぇ~」というだけで覚えてくれないのです。これがおもしろい。