ずいぶんひさしぶりに日記を書きます。というのも、サーバが起動しなくなっていたから。原因は停電によってMBRが壊れてしまったこと。なんだかやる気が起きなくてしばらく放置してました。ドライブに行ったりとかトロットビークルに乗ったりしていたし……。  MBR上のGRUBが壊れたようだと考えたのは、起動中に「GRUB」のメッセージが出てそれ以上処理が進まなくなってしまうから。  回復するために SystemRescueCdを使います。CDブートさせたら「boot:」のプロンプトはリターンキーで進めて、「22」のjaを選択、あとはgrub-installをかますだけです。

mkdir /mnt/mydir
mount /dev/hda1 /mnt/mydir
grub-install --no-floppy --root-directory=/mnt/mydir /dev/hda

こんな感じ。  で、無事に起動できたのですが、実はGRUBだけでなくてその他のデータもあちこちが飛んでいて使いものにならなかったという悲惨な状況が待っていたのでした。とほほ。停電恐いよ。次期サーバはノートPCを使おう。  というわけで、またサーバの構築しなおしです。DebianにしようかFreeBSDにしようかとも考えたりしていますが、メンドくさいのでやっぱりcentOSにするかもです。