Capistranoをはじめて使ってみました。 まずはインストール。

sudo gem install capistrano

続いて、RailsアプリにCapistranoを適用します。 RAILS_ROOTディレクトリ上に移動してから

capify .

を実行。 以前は、--apply-toオプションを使っていたようですが、Capistranoのバージョン2からは同オプションが廃止されているので注意です。 そして、作られたconfig/deploy.rbの編集。

set :application, "cap_test"
set :repository,  "http://svn_host/svn/cap_test"
set :user, "tsukasa"
set :password, "tsukasa"
set :deploy_to, "/home/cap_test"

role :app, "cap_test_ap1"

こんな感じ。webサーバとかdbサーバも指定できて、migrationなんかもできちゃうみたい。まだ試してないので、それはまた今度です。

あとはセットアップとアップロードで、コードをデプロイできます。

cap deploy:setup
cap deploy:update_code
cap deploy:symlink

とても簡単だ。symlinkはcurrentという、最新デプロイへのリンクを作ってくれます。 webサーバをリスタートできたり、mongrelと連動もできるみたいです。それもまた今度。