「涼宮ハルヒの憂鬱」のアニメを見ていたのですが、正直きつくなってきました。ぼくはオンライン作家なので、オンライン作家らしく小説から攻めようと思います。

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫) 谷川 流 角川書店 文庫 2003-06

「涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)」」を読みました。ホントは森博嗣さんの「Xシリーズ」第2弾を買いたかったのですが、そこはまた今度。  小説のほうは苦もなく読めました。ぼくは地の文や会話文に擬音系の言葉が入っていたりするのは嫌いなのですが(笑い声すら嫌い)、ライトノベルには珍しくそれが少なくてよかったです。文章も普通だし、これなら普段ミステリなどを読んでいる人もあまり違和感なく読めるかも。なかなかおもしろかったです。

 しかし角川スニーカー文庫を買ったのは何年ぶりだろうか。もはや記憶ですら定かにあらず。でも、ロードス島戦記とかまだ売っていたのでびっくりした。

 ノリックが交通事故で帰らぬ人になってしまいました。彼が日本GPで初めて勝ったとき、ぼくの寮の部屋にバイク仲間が集まって観戦していたことを思い出します。

 さんまを焼いて食べました。初さんま。お魚はやっぱりいいですね。

 今日は雨が降りそうで降らないお天気。自転車に乗っておけばよかった。また来週の楽しみにしよう。