昨日は、たけぞうさんと律さんの結婚を祝うためのサプライズ・パーティに参加してきました。ぼくとユルさんがふたりをだまして会場まで連れていく役目です。実際、たけぞうさんは知っていたので、だまされていたのは律さんひとりなのでした。ユルさんが緊張しまくっていて、火サスの犯人みたいにいつもやらないようなことをやって犯行がバレてしまうという事態をまねきかねない状態でした。おもしろい。  ふたりをうまく会場に案内できたあとは(律さんにもバレることなく)、ぼくの仕事は終わったので飲んでばかりいました。武石さんが飲みたそうでした。最近会うと、武石さんはいつも飲みたそうなのです。今月のおこづかいが出たら品川か五反田ででも飲みましょう。  なにはともあれ、たけぞうさんや律さんに喜んでもらえてよかったです。ぼくって、けっこういい人生送っているなあと、こういうときにも感じます。結婚して幸せになった友だちにおめでとうと言うことができるぼくたちもおめでとうと言ってもらえるのと同じくらい幸せなことなのだと思うのです。嘘くさくて何を甘っちょろいこと言ってやがるんだこの野郎とか言われそうだけど、本当にそう思えるのだから仕方がない。