夏休みは二回くる

Tsukasa OISHI

Large
一回目の夏休みは中禅寺湖、日光に行ってきました。二回目の夏休みは長崎なのです。
長崎に行くのは初めてですが楽しみです。るるぶでいろいろと研究しますが、行ってみると予定通りにいくわけがないので特に綿密な計画は立てません。大石家の旅行計画はいつもふわっとしています。計画に限らず、だいたい大石家はふわっとしているので注意が必要です。
ふわっとしていない人もよくよく考えていただきたいのですが、遊びに来たのにスケジュールに追い立てられるなんて悪夢じゃないですか。なので気が向いたところに気が向いたときに向かうのです。

Large
路面電写真ばかり撮っていました。ちっちゃいけど意外にもしっかりしたいい音を出すので動画もたくさん撮ります。

Large
長崎には二泊したのですが、一日目の夜は 多ら福 亜紗という居酒屋さんに行きました。ここで特においしかったのが、シマアジの刺身と豚の角煮。特に角煮はめちゃくちゃおいしい。ぼくが今まで食べた角煮の中ではダントツで一番のおいしさです。居酒屋で出て来たとは思えない上品な味でした。刺身は歯ごたえがしっかりしていて甘みがあっておいしい。この歯ごたえのいい刺身が、九州に帰ってきたと思わせてくれます。

Large
ホテルは稲佐山の中腹にある ルークプラザホテルというところで長崎の夜景が部屋からもよく見えました。翌朝に部屋から眺めた風景が上の写真です。
二日目は雨上がりで散策には蒸し暑い一日。でもグラバー園とか大浦天主堂とか定番どころにいったり。履き慣れない靴を履いてきちゃって足が痛くなったあずにゃんみたいな人がいたので、オランダ坂は入り口で坂を見上げるだけにしてご飯に行きました。
お昼は 吉宗という茶碗蒸しで有名なところ。茶碗蒸しは本当においしかった。豚の角煮も食べましたが、これは昨日の居酒屋のほうがおいかった。お店の名前を「よしむね、よしむね」と連呼していたら「よっそう」でした。

Large
出島にも行きました。侍が歩いていたのでカメラを向けたら、にかっと人なつこい顔で笑ってくれました。侍なのでどちらかというと彼には仏頂面をしていただきたいところであります。

夜は探すのもめんどくさかったので、ホテルの近くのちゃんぽん屋さんでちゃんぽんを食べてきました。食べログというサイトの店数は低かったけどなかなかおいしかったです。普通かな。

Large
ついでにぼくとユルさんの実家にも帰りました。ぼくの田舎では当然のように専門店で買ってきたからあげが登場します。