2014年1月の記事

ぼくの世界がこんなに変わるわけがない

Tsukasa OISHI

午前中に近くの神社に初詣に行ってきました。いつもは人っ子一人いない境内も、今日は参拝の列ができています。を抱っこしての石段はモモがやられます。大石家ではこの現象をモモガーと呼んでいます。おみくじをひいて末吉でした。ユルさんは大吉。はおみくじなどせずにずっと空を見つめています。より高尚と言えるでしょう。お酒が振る舞われていたのでいただきました。飲んでから、偏頭痛のためにイヴさんを飲んだばかりだということに気づいてしまいます。軽く目眩がしました。目眩はすぐに治って大丈夫。でもひさしぶりの偏頭痛で頭の左半分がなくなっていました。

四角いおもちは角がある

Tsukasa OISHI

門松を見る度に、門松は冥土の旅の一里塚という言葉を思い出します。思い出すだけで特に何かをするわけではありません。ずいぶんとひねくれたじじいが昔からいたものだと思うだけです。なんの話をしているのでしょうか。しかしこれは門松ではなく鏡餅ではあるまいか。

楽しい月曜日が始まるよ

Tsukasa OISHI

9連休の間、ずっとを抱っこしていたので肩と腰が石膏みたいに固まっています。彼女の名誉のために体重をここでは述べませんが、最近肩周りとかに筋肉がついてきました。彼女はすこしずつ重くなっていくので、徐々に負荷をかけていく筋トレには最適ではないでしょうか。忍者が生長の早い麻を植えて毎日それを飛び越えては脚力を鍛えていた故事が思い出されます。子供の頃、忍者と同じ特訓をするためにすごく麻が欲しかったのですが、現代ではそれを植えるとたぶん逮捕されるでしょう。危ないところだった。

← 2013年12月
2014年2月 →