2009年5月の記事

Ruby1.9を試すその1 - ネイティブスレッド

Tsukasa OISHI

Ruby1.9からThreadがネイティブスレッドを使うようになります。といっても、VMレベルでロックされるようなので、同時に実行されるスレッドは常にひとつです。ただし、IO関連のブロック機能を備えたシステムコールは同時に実行されるようです。

← 2009年4月
2009年6月 →