MiyazakiResistanceでコンフィグファイルによる設定が可能になりました

Tsukasa OISHI

RailsMiyazakiResistanceを使っていると、Railsの環境やサーバによってTTへの接続先を変えたいことが多いので、コンフィグファイルでそれらが設定できるようにしました。

miyazakiresistance.yml

development:
  set_server:
    - server: localhost
      port: 1975
      role: write
test:
  set_server:
    - server: localhost
      port: 1978
      role: write
production:
  set_server:
    - server: db1
      port: 1975
      role: write
    - server: db2
      port: 1975
      role: standby
log_file: log/miyazakiresistance.log

という設定ファイルを書いておくと、

require 'miyazakiresistance'
class Counter < MiyazakiResistance::Base
  server_config Rails.env
  set_column :count, :integer
end

これだけでRailsの環境ごとにTTへの接続先が変わります。
server_configの第二引数で設定ファイル名を指定できます。省略すると、./miyazakiresistance.ymlを読もうとします。

ついでにログファイルも指定できるようにしました。デフォルトでは ./miyazakiresistance.logですが、設定ファイルのlog_fileで指定するとそれが使われます。