東京創元社|鮎川哲也賞 ぼくはもう小説を書かなくなったけど、自分のことのようにうれしいです。 本が出るのを楽しみにしています。