ダメな一日

Tsukasa OISHI

今日は何もしない一日だった。朝起きてから夕方まで、ぼうっとしながら自分の昔の小説を読んでいたりしました。腹が減ってきたなと思ったら夕方の6時を過ぎていたのでびっくりした。休日はひきこもって過ごしていた昔のぼくみたいだ。今日は一日勉強にあてる予定だったのに。今日した有意義なことは、人間失格を読んだことと洗濯をしたことくらい。
今はユルさんが実家に帰っているので実につまらない。ひとりだと何もすることがないのだ。困ったものである。