言葉にすると至極あたりまえの話のような気もしますが、Rspecでは、モデルとコントローラとビューのテストはそれぞれ分離されています(Rspecでも、should have_tagでビューの検証ができてしまいますが、結合度が密になりやすそうなのであまり使わないほうがいいかもです)。結合度を疎にすることによって、コントローラの仕様を考えるときはそれに専念することができます。そして、どこかのエラーが他に影響を及ぼすのを防いでいます。例えば、ビューの仕様を変更してエラーが出たとき、そのビューの仕様をコントローラに書いているとコントローラでもエラーが出る(当たり前すぎることを書いていますね)のです。  とはいえ、Test::Unitのfunctionテストとかだと、結構普通にコントローラとビューのテストを一緒に書いちゃってます。

  def test_diary
    get "diary", {:id => diaries(:abe_1).id}
    assert_response :success
    assert_template "diary/show"
    assert_select "#diary_#{diaries(:abe_1).id}" do
      assert_select "#title", diaries(:abe_1).title
      assert_select "#body", diaries(:abe_1).body
    end
  end

 ここでデザイナさんが、日記の内容のIDを"#message"に変えたりすると、このテストはエラーになってしまいます。しかし、コントローラがおかしくてエラーになるわけではないのです。  さらにいうと、ここでDiaryモデルがid値からインスタンスを取得する部分の仕様を変えたときに、エラーになる可能性があります。  ここで疎結合を保つために登場するのがmockとstubなのですね。なるほど。