家に、中学生くらいの女の子から電話がかかってきた。 「あの」とても緊張した声だ。「真中ですけど」 「え?」 真中というのはぼくのペンネームだったりするので、戸惑った。「もしもし?」 「えっと、あの、真中ですけど、ツヨシくんいますか」  電話の後ろのほうで、「ツヨシくんはいませーん」というはしゃいだ声がする。友だちらしい。 「うーん、たぶん電話をかけ間違えてると思うよ」ぼくはいった。 「え、あ、すみませんでした」電話が切れた。  土曜の朝から、青春に触れてしまった。