武石さんが小説を公開するらしい。実のところ、ぼくも小説を公開する準備をしている。誰でもオンライン小説を公開したり、作品ごとに感想をもらえたり、「読みました」ボタンによる評価ができたりするようなサイトを作っているところで、それが完成したら現存しているぼくの小説をすべてアップするつもりでいる。  昔は拙い小説を公開するのが恥ずかしくて、けっこう厳選していたのだけど、今回はもう全部出してしまうつもりだ。もう現役のオンライン作家ではなくなったからかもしれない。特に恥ずかしくないのだ。  ちなみに小説投稿サイトの開発はのんびりペースで進めているので、いつ稼働し始めるかはぼくにも謎である。