ぼくはここ2、3ヶ月、通勤電車の中ではてなブックマークの人気エントリー記事を読んでいます。いろいろなブログでいろいろ考えさせられるようなお話やいろいろな議論や意見に触れてきました。  そしてこの何ヶ月かを振り返ってみると、すごくもったいない時間の過ごし方をしてしまったと感じてしまいました。小説を読んだりしていたほうが全然有意義だったし、ブログ上の意見や議論を読むよりもオンライン小説を読んでいるほうがまだよかった。  結局のところ、人の意見や議論なんかに触れていろいろ考えてみたところで、「だからなんなんだ」というのが結論になってしまうのです。ああ、そうだよ。これは哲学のバカバカしさとか討論番組のくだらなさに気づいた二十歳の頃と同じじゃないか。同じことを繰り返すなんて、なんて阿呆なんだ。  三十歳を越えて、無駄なことはどんどん切捨てて、本当にやりたいことだけをやっていくシンプルな生活を求めていたのに、気がついたらとても無駄なことをやっていました。いけませんいけません。危ないところだった。

 やっぱりブログよりも日記だよなあ。興味のある人の日記だけ読めればいいよ。だからみんな日記を書いてくれ。mixiなんかじゃなく。だって、ぼくmixiやめちゃったんだもの。