「 「フェルマーの最終定理 (新潮文庫)」」を読んだけど、数学のお話の本で泣いたのは初めてでした。ワイルズが解へのアプローチをひらめいた瞬間の感動がよく伝わってくるすばらしい本です。おもしろかった。

 Rails勉強会への参加は今月は見送ることにしました。最近、Rubyにもあまり触っていないしね。仕事も落ち着いてきたので、そろそろkaeruspoonのリファクタリングの続きでもしましょう。ていうか、そろそろkaeruspoon以外のものも作ろうかと思います。